人気ブログランキング |

つきない

久しぶりの更新になりました。

母は引き続き入院しています。

会いに行くと必ず泣きながら迎えてくれますが、帰るときはアッサリしていて一緒帰りたいとか、退院したいなどは一切言いません。

まあ。一緒に帰りたいって言われたら、困るし罪悪感とか芽生えそうなので、言われないほうが良いに決まってます。

が。あまりにアッサリしていて逆に不安。

薬のおかげか、母は以前と別人のように穏やかになりました。

わたしは変わらずの塩対応ですが、そんなわたしにも至って穏やかに接してきます。

最近は作業療法にも参加しているようで、塗り絵をしたとかビーズでアクセサリーを作ったと面会に行く度見せてくれます。

いいじゃん。て褒めると子供みたいに喜んでいます。

母は外では社交的ではありましたが、家では趣味とかもなくテレビばかり見ている人だったので今は本当に別人みたい。

面会に行くと誰かしらと話しているし、看護師さんたちとも親しくなっているようでなんだか…楽しそう。



精神科の薬が効いているから穏やかにはなりましたが、認知症の薬はまた別です。

時間や場所がわからない母は徘徊するし、5分おきに同じ話を繰り返します。

遠くない未来、母は退院しますがわたしは変わらず4時から働かなければならないので母を家に閉じ込めておく生活になります。

そうち4時からひとりになる母。

当然のことながらディケアは4時には預かってくれない。

家で塗り絵やビーズのネックレスを作る母を見守る時間はわたしにはない。

穏やかになった母を見ると自宅に連れて帰りたい気持ちもありますが、実際不安の方が大きくて悩みはつきません。


# by 33tammy33 | 2019-09-13 16:28 | 日常 | Comments(1)

終了はしない

9月始まりました。

母が入院して6日。

面会に行けたのは1回だけです。

母の入院を決めた1番の理由は、わたしが働かなくてはならないことです。

母は自営をしていて早朝4時から働いていました。

認知症だと診断された日に仕事は無理だと言われ、その日に仕事を辞めました。

母が仕事を辞めても仕事自体はなくならないので、わたしが母の代わりに早朝4時から働いています。

わたしは別の仕事もしていたので、そちらもこなさないといけない。

ダブルワーク状態です。

早朝4時から母の代理で仕事をして、その後わたしの仕事。

日によっては母の代理で夕方から再び仕事をしなければなりません。

正直、めちゃくちゃつらい。

忙しすぎて、1日があっという間です。


自営ならある程度の金銭的余裕がありそうですが、お金関係は全て母が管理していたため認知症だと診断されて初めてうちの経済状態を知りました。

ここでも、登場する認知症。

お金の管理ができなくなっていた母。
あるはずのお金がなく、通帳もカードもめちゃくちゃ。

仕事をやめて母を介護するなんてできるはずがない。

わたしが働かなければ、母もわたしも終了する。

徘徊し、暴言を吐く母を入院させる以外に選択肢はない。

母のためにも。
わたしのためにも。





こう書くとかなり追いつめられている感じがしますが、ありがたいことにわたしには兄妹がいます。

認知症だと診断されすぐに相談に行った市役所の方や、包括センターの職員さん、ケアマネさんに助言いただいて助けてもらっています。


わたしみたいに追い詰められている人がいたら、とりあえずプロに相談するべきです。

認知症は悲しい病気ですが、恥ずべきものではないと、わたしは思います。



# by 33tammy33 | 2019-09-01 19:23 | 日常 | Comments(1)

はじまり

8月が終わるー。

めちゃくちゃだった夏が終わります。

母の認知症はいつから始まっていたんだろう。

最近よく思います。

父が亡くなって暫くしたころ。
酷い喪失感と悲しみの中、それでも時間は経つし生きていかなければならないと少しずつ前向きになっていたころ。

母だけが立ち止まっていたような気がします。

わたしや妹はよく、いつまでも落ち込まないでとか、暗い顔しないでって母に言っていた時期がありました。

わたしも内心では、全然立ち直れてなかったしひとりでいると泣いてしまったりしていました。

でも、生きてかなきゃいけないから。

強がりでもなんでも、人前に出ればいつも通りの自分になって周りの人たちに、わたしは大丈夫だとすっかり立ち直っている風を装っていました。

そうするのが普通だと思っていたし、周りの人にいつまでも気を遣われるのも嫌だったので。

でも母はいつまでも悲しみの中にいて、それを隠すことをしていませんでした。

わたしはそんな母の姿が甘えにみえて、凄く嫌だった。

でも今思えば、あのころから少しずつ母の認知症は始まっていたのかも。

本当かどうかは知らないけれど、認知症の原因のひとつに孤独感があるそうです。

母が寂しかったのは、わかっていました。

どうしてあげれば良かったのか。
なんて声をかけるのが正解だったのか。

今更すぎて、答えはわかりません。




# by 33tammy33 | 2019-08-31 20:54 | 日常 | Comments(0)

いいわけ

母に会って来ました。

入院して4日目。

騙すように母を病院へ連れて行き、その日のうちに入院を決めたので当日、母はかなり怒っていました。

二人暮らしで、わたしは早朝からの勤務。

母をひとりにしてはいけないと、先生に言われどうしたらいいんだと悩むふりをしていましたが。

わたしの中にはグループホームに入ってもらうという選択肢しかなかったです。

できることなら少数制で家族のように過ごせるホームを探したかったし、そのつもりでした。

が。

母は暴言を吐くようになりました。

認知症と診断され3.4日目だったと思います。

わたしを泥棒と罵り、殺すぞと威嚇。
稼ぎも少ないくせに、偉そうにと怒鳴られたり、最初に受診した病院では娘は嘘つきだと言われました。

入院を決めた病院でも、わたしが楽をしたいが為におかしくない自分を入院させる気なんだと先生に訴えていました。

元々、勝気な性格の母でしたが過去そのような暴言を吐かれたことはありません。

病気のせいだと、自分に言い聞かせていましたが。

それらの言葉が実は母の本心なんじゃないかと思えて仕方がなかったです。

ただ何故か暴言を吐かれても落ち込んだり傷付くことはなく、あー。なんかテレビとかで見たことあるなぁって思いながら母の言葉を聞いていました。

あの気持ちって一体何なんだろう。

今日、母はご機嫌も良くて比較的穏やかに会話できました。

今日たまたまなのかも知れないけれど、笑う母を見て心底ホッとしました。

矛盾しているようだけど、母に会うのが怖かったので、とりあえず今日の面会が無事にすんで良かった。

暴言は認知症の症状の一つで、そういった状態だとグループホームは難しいと聞きました。

入院することで、母が落ち着いてくれれば先が見えてくる。

いいわけを並べて4日前。
わたしは母を精神科のある病院に入院させました。



# by 33tammy33 | 2019-08-30 21:38 | 日常 | Comments(0)

無関心

認知症の症状に気づくタイミングっていつなのでしょうか。

最近物忘れするなーとか、同じ話を繰り返すな…とかは老人特有のあるあるで、それらの症状ではなかなか認知症だと気づけないですよね。

まあ。うちの場合は認知症だと気づきたくなくて、無意識に誤魔化してきたのかもしれないけど。

もっと早く病院に行っていれば。と今になってみれば思うけど、あの気の強い母を物忘れ程度で病院に連れて行くことができたか。

できないよね。間違いなく。

病院に行くキッカケになった出来事。

7月の初めに母は車ごと行方不明になりました。

今思い出しても体調が悪くなりそう笑。

自宅から15分ほどのスーパーから帰宅しようとして、3時間車をノンストップで走らせ、高速に乗りガソリンが無くなりやっと停車。

隣の県まで一人でドライブ。

警察に保護されました。
その際、認知検査を受けるようになるだろうと言われ実際受けることになり、それが病院へ行くキッカケでした。

ちなみに。
3時間のドライブをした母を妹と3時間かけて迎えに行き、3時間かけて帰ってきました。

その間、母から謝罪の言葉などは一切なく。
わたしたちが迎えに来るのが遅いと腹を立てていました。

ありえない態度と発言をする母。
今思えば間違いなく認知症のせいです。

でもその時のわたしは認知症だと気づきたくなくて、3時間無言で運転して帰ってきました。

母は助手席で居眠りしていました。

正直言うと面倒くさくて、鬱陶しくてたまらなかった。

でも本当は、もっと母に対して関心を持つべきだったと思います。

どうした?どうして?なんで?って。
大丈夫だったの?って。

優しくない娘。

今更後悔しても、もう遅い。







# by 33tammy33 | 2019-08-29 19:30 | 日常 | Comments(1)